紅白を面白くするには

昨年の大晦日に行われた恒例の紅白歌合戦は、専ら大島優子のAKB引退の発表に話題が集中し、尚且つ北島三郎の紅白引退に泥を塗ったとバッシングの対象にもなっているようである。
特にそういうことは通常のコンサートで言うべきで、色々な人が見ている紅白で言うのは私物化であろうという意見が多い。
確かにその通りではあるが、紅白の場で言ったところで、なぜそこまで非難されなければならないのであろうか。
あの程度のことを御愛嬌として看過出来ない風潮はいかがなものか。

なぜかと言うと、紅白は私たちの思う以上に大手の事務所や大物歌手に私物化されているからである。
そもそも北島三郎が紅白を「引退」すると言うのがおかしい。
紅白は基本的にNHK側が一方的に選出するものであって、歌手や歌手を要する事務所の主導では決められないことになっている。
表向きはNHKの考えで、大御所だろうが若い歌手だろうが、いつでも落選させられるはずなのだ。
しかし実態は「大人の事情」やら事務所とNHKの力関係やらで決められた妥協の産物であって、大手の事務所になるとむしろNHK側に誰それを出させろと言って、それを通すことが出来るのである。
例えばジャニーズ事務所の歌手が5組も出場出来たり、司会を任されたりしているのはそのためである。

AKBのファンでない人も大勢見ているのに引退発表するなんておかしいと言うなら、ジャニーズ所属の歌手、特に嵐のファンでない人も大勢いるのに、彼らが司会の他に専門のコーナーをもらって歌を歌い、出場歌手としてもほぼフルコーラスで歌えるのは、その数倍もおかしいのではないか。
嵐の出番が多くて嬉しいのは彼らのファンだけであって、ファン以外の人間にとっては誰得だよという話である。
特定の歌手をえこひいきせず、どの歌手にも平等に時間を割り振るべきではないのか。
そういうことを問題視せず、1アイドルの言動ばかりを問題にするのは的外れもいいところである。

一方、北島三郎は一族で経営する北島事務所のドンであり、彼もまた事務所の力によって紅白に出場し続けてきたのである。
彼の「紅白引退」は図らずも、紅白の出場歌手の選出がNHKの主導ではなく、事務所や歌手側の意向でいかようにもなることを浮き彫りにしたのであるが、それをどれだけの人が気付いているだろうか。

酵素ミドリムシを楽天で探した結果を紹介